就活生が企業のホームページで、まず見るべきポイントとは?[No.2]




f:id:nisaschool:20170408175946j:plain

おはようございます!

Student To Company(通称S->C)は、これから就職を目指す大学生、就職が決まった内定者、そして社会人1年目・2年目の働き方をトータルサポートするWEBマガジンです。

 

大学生の皆さん、就職活動、卒業研究、アルバイトなどにお疲れ様です。大学生って意外と忙しいよね。

 

今日のテーマは、

就活生が企業のホームページで、まず見るべきポイントとは?

です。

 

答えは、

社長のご挨拶
(代表メッセージ)

 

会社のホームページには、社長のご挨拶というものがありますよね。このご挨拶がない場合は論外です。

 

社長のご挨拶には、いくつかのパターンがあります。

顔写真と名前があるもの。

顔写真がなく、名前だけのもの。

 

また、それぞれに次の主語のパターンがあります。

a私は〜

b我々は~、当社(弊社)は~、○○グループは~、○○株式会社は~

 

マトリックスにすると次の通り。

f:id:nisaschool:20170408180310j:plain

さてここで考えてみてほしい。

社長の決意・覚悟が強いはどのパターンが強いと思うか?

①-aではないでしょうか。

 

なぜ、顔写真を出すことが大事なのか?

 

これは一つの責任を果たす意思表示だと考えています。顔出しは、良いことをすればその会社が認知されることに貢献しますが、一方で悪いことすれば批判を受け、ずっと記憶に残ることもあります。科学的な根拠があるかわからないけれど、悪いことをした人物の方が記憶に残りやすいはず。だから、顔が出ているか出ていないかは、社長の決意・覚悟の度合いを測ることができます。

会社は、経営者の判断一つで右にも左にも変わる。従業員にとって良い環境に変わることもあれば、またその逆もあります。会社の戦略によっては、売り上げにだって影響してくる。みんなの賞与(ボーナス)にも影響してくることを理解しておかねばなりません。

 

だからこそ、その会社の社長のご挨拶(代表メッセージ)をじっくりみてみてほしい。

そこに違和感はないか確認してみよう!

 

最後に、企業の社長になったことはないが、社長はとても大変だと思う。世の中のために製品を作ったり、サービスを提供したりしている。また、従業員をかかえている企業では、その人たちの生活をも支えている。その努力や苦悩、また達成感は社長になってみなければわからないと思います。

 

〈ご留意事項〉

本マガジンの記載する内容は、あくまで個人的見解、実践に基づいた結果です。これを実行しても100%うまくいくとは限りませんがが、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。また、わからないことは、はっきりとわからないと言います。

 

〈配信日・時間〉

朝8時頃。はじめは不定期です。

 

それでは、

S->Cスタート! 

Let’s Grow Together!