読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなことを仕事にする起業家から学んだ、就活で一番大切だったこと[No.4]




f:id:nisaschool:20170422004819j:plain

ボクの就活は、2010年でした。まだ、就職氷河期で軒並み採用を抑える企業が多かった。

 

今日は、

あのときやっておけば良かった就活で一番大切なこと

です。

これはボクが社会人になってから、好きなことを仕事にしている起業家から教えてもらいました。これをやっておけば、きっと幸せになる働き方ができると信じています。

 

それは

自己分析

することです。

 

「就活ではあたりまえだよ」、「やってるよ」という人もいるかもしれません。でも、ここでいう自己分析は、「自分の好きなこと、得意だなと思うことを明確する」ための自己分析です。

 

インターネットや書籍では、一般的な自己分析はこんな感じで書かれているのではないだろうか?

私は〜な人間です。(自分はどういう人間か、何が得意かを説明する)

私は〜なことにやりがいを感じる(自分のやりたいことを説明する)

だから、御社で〜にチャレンジしたい(会社でチャレンジしたいことを説明する) 

とか

私の長所は○○です。だから御社では、~に貢献できます。

短所は〇〇ですが、~な点で克服してきました。

これは、就職活動の面接対策としての自己分析なんです。 

この面接対策としての自己分析は必要なんですが、現実は「御社でやりたいことは、〇〇です」、「御社で〇〇に挑戦したい」と言っても、叶うことは少ないかもしれません。もしくは、実際に挑戦できるのは数年後、もしかしたら10年後となってしまうかも。

会社が悪いからではなく会社とは、組織だからです。会社には、使命やビジョン、事業計画に基づいて活動しています。その方針と、みなさんがやりたいことは必ずしも一致しないからです。

もう一度言いますが、やりたいこと、挑戦したいことを考えておくことは大切です。

就活では、まず「自分が幸せになるには?自然と楽しくなる職場環境は?」と考えておくことが最も大切だと教えてもらいました。

 

具体的にどう考えていくか、次のステップで説明します。まずは図を見てください。

f:id:nisaschool:20170422005226j:plain

この図に基づいて、自己分析をしていきます。

基本的な考え方は、「好きで得意なことを仕事にする」です。

 

Step 1 あなたの好きなことは何?

好きなことを思いつく限り書き出してください。必ずしも大学の授業や研究だけにこだわる必要はありません。時間があったら、ついやっちゃうことや、ずっとやっていても疲れないことは何か?って考えるといいでしょう。

[例]絵を描くことのが好き。映画が好き。有機化学が好き。筋トレが好き。教えることが好き。数字を扱うのが好き。カメラが好きなど。

なぜこれを考えておくとよいか?

会社で働くということは、人生の大部分を占めることになります。嫌なこともたくさんあるでしょう。でも自分の好きなことなら、毎日でもやっていけますよね。それが何かということを明確にしておくと、それを仕事の中でできれば毎日楽しいんです。

 

Step 2 あなたの得意なことは何?

得意なことを思いつく限り書き出してください。ここでは、友達や周りの人から「きみ、○○うまいね」と言われたことは何か?自分で自然とできちゃうことは何か?と考えればいいです。

[例]プレゼンが得意。Excelが得意。テンキー打つのが早い。コミュニケーションが得意。盛り上げるのが得意。数学が得意。化学が得意など。

この得意を活かすと仕事がグッと楽になります。すでに人より上手なんですから。得意なことを継続すると、もっとうまくなります。

 

Step 3 働きたい環境を考える

ここ大事です。Step 1やStep 2は自然と考えている人は多いんですが、自分がどういう環境で働きたいのか?をイメージしている人は少ないです。次のようなことを考えてみよう。 

 ・どのくらいの規模の会社で働きたい?1000人規模?100人規模?10人規模?1人?

 ・どんな雰囲気の会社で働きたい?バリバリ働いてる系?のんびりしている系?

 ・場所は?北海道?東北?関東?関西?九州?四国?沖縄?海外?

 ・勤務時間は?9時~17時?10時~18時?フレックスタイム?

 ・年齢層は?若い人が多い会社?年配の方が多い会社?バランスが良いタイプ?

 これ以外にも、あなたが働きたい環境をイメージしてみましょう。これらのイメージ通りの会社か確認するために、会社説明会で質問するのもよいでしょう。

 

Step 4 好きで得意で働きたい環境の仕事を探す

[その仕事ある場合]

その業界の会社へ就職を目指そう。100%合致する会社は少ないかもしれないけれど、近いところは探せるはずです。

[その仕事がない場合]

将来的に起業です。ですが、まずは起業するためのスキルを身につけられそうな会社への就職を目指しましょう。

いきなり起業したいと思う人がいるでしょう。ボクはオススメしません。なぜなら、会社員を経験するとビジネスの一般的なスキルを身につけることができたからです。

 

普通、就活を始めるとき「Step 4仕事を探す」から始めているでしょう。これだと、会社員を続けていく上で何かしらミスマッチが起こります。

働くということは、我慢してお金をいただくことではない。

働くということは、好きで得意なことを活かして、誰かを幸せにすることでお金をいただくこと。

 

まずは、自分は何が好きで、得意なのか、どんな環境で働きたいのかを明確にしてから、仕事(会社)探しをしましょう。

 

Student To Company(通称S->C)は、これから就職を目指す大学生、就職が決まった内定者、そして社会人1年目・2年目の働き方をトータルサポートするWEBマガジンです。

お気軽にメッセージお待ちしています。

 

〈ご留意事項〉

本マガジンの記載する内容は、あくまで個人的見解、実践に基づいた結果です。これを実行しても100%うまくいくとは限りませんがが、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。また、わからないことは、はっきりとわからないと言います。

 

〈配信日・時間〉

朝8時頃。はじめは不定期です。

 

それでは、

S->Cスタート! 

Let’s Grow Together!