就活生が会社見学で見ておきたい3つのポイント[No.7]

f:id:nisaschool:20170516230507j:plain

毎日、就職活動お疲れさま。

就職活動をしていると企業先を見学できることがあります。
今日は、その際に見ておきたい3つのポイントです。
これは、みなさんが入社後をイメージする上で、とっても大事!

さっそく見ていきましょう。

 

1.オフィスが整理・整頓、清掃されているか?

これは、会社の管理体制を表している。

見ることができればデスクや、実験室が整理・整頓されているか 確認しよう。もし、見れない場合でも会議室などで会社説明会をしていると思う。そのときには、ホワイトボードがきれいか、備品がきちんと並べられているかを確認しておこう。

もし、判断できない場合はお手洗いを確認してみよう。特に手を洗うところが整っているか、水ハネを拭くための付近や紙シートがあるか、拭かれているかなどをチェックするとよい。

整理・整頓、清掃は、そのまま仕事のやり方や質にもかかわってくる。整理整頓されていないデスクでは、効率的な仕事はできていないだろう。整理整頓されていない実験室では、効率的な実験・正確な実験がされているか疑問だ。

 

2.社員の顔色 

これは、会社の健全性を示す。

もし平日の説明会などで確認できるなら、そこで働いている社員の顔色を見てほしい。

元気そうなのか?

笑顔なのか?

暗そうなのか?

疲れていそうなのか?

眠そうなのか?

普通なのか?

全員笑顔の会社はないと思う。そんなとこあったら、ちょっとコワい。おそらく全体の2割、10人に2人は疲れているくらいだろう。疲れているくらい仕事をしている人が2割くらいいないと会社は回っていないだろう。

 

今少しお世話になっている会社は、健全だと思っている。社員の元気度の目安はこんな感じだ。

元気・明るい:20%
普通:60%
忙しいそう、疲れてそう:20%

なので、忙しそう、疲れてそうが多い、例えば80%くらいの割合なら自分がそこに入社したら、自分もそうなる可能性が高い。

 

3.社員の身だしなみ

これは社員の余裕度を示す。

忙しくなって自分に余裕がなくなるとと、身だしなみが乱れませんか?

「あ~、もうめんどくさいから髪セットなしで行こう」
「顔洗わず行こう」
「疲れてるから、お化粧しないでマスクで会社いこ」
「シャツにアイロンかけずに行こう」

などなど。

ちなみにボクもそうでした。忙しくて余裕がなかった時期は、髪の毛ボサボサで会社に行ってました。当時はそうしていることすら気が付かなかった。今そのころの写真を見ると、めっちゃ恥ずかしい。

 

なので、会社見学に行ったら、

カッコいい先輩がいるかな?

オシャレな先輩はいるかな?

という目で見ちゃっていい。

そこでいいなと思った先輩が多ければ多いほどいい。自分もそうなる可能性が高い。

人間って不思議なもので周りの環境に影響される。

清潔に気を使っている人が多い中にいれば、自分もそうなる。
ルールをきちんと守る人が多い中にいれば、自分もそうなる。

よくも悪くも周りの人に影響されていると気づかされる。

 

さて、ここまで会社見学で見ておきたい3つのポイントを紹介した。

ホームページに社内の雰囲気が映っている写真がある場合がある。

そこには見えない部分がある。

ぜひ、就職を考えている企業があれば、積極的に見学会に行って見てくださいね。

 

〈ご留意事項〉

本マガジンの記載する内容は、あくまで個人的見解、実践に基づいた結果です。これを実行しても100%うまくいくとは限りませんがが、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。また、わからないことは、はっきりとわからないと言います。